給湯器から水漏れが起き、20年以上使用し修理部品が手に入らないため、給湯器の買い替えを検討しました。

災害が各地で起き他人事ではなくなってきたので、停電時のバックアップ電源としても使えるエネファームを導入しました。

お湯を使うと発電するので、電気代を減らすことができ、日々どれぐらい発電しているか確認するのが楽しみになっています。

ガスの消費量は増えたが、エネファーム用のガスの特別単価を利用できるので、ガス代は若干減っています。おかげでガスの暖房もガス代を気にせず使えるようになりました。